国内旅行大全集

国内旅行大全集

新宿にある実家に帰るのは国内旅行とは違うかな?

東京の新宿で育った私には、故郷は東京となります。新幹線で新大阪から乗って、有楽町あたりに着くと何とも言えない甘酸っぱい気持ちになります。ああ、故郷に戻ってきたかと。大阪に住みだして20年以上で、国内旅行とは言えないかも知れませんがお盆や正月休みに、家族と一緒か1人かで親の住まいに訪れてきました。女房の実家が熊本なので、熊本に行くか、東京の新宿に行くかが私たちの国内旅行みたいなものでした。
ところが、その新宿に実家がもうありません。事情があって売却しました。寂しいですが、もう帰るところがなくなりました。新宿の東西線神楽坂駅から徒歩5分ぐらいでとても小さな家でしたが、非常に便利な場所にありました。神楽坂の中心まで歩いて10〜15分くらい。今はテレビでもよく取り上げられますが、昔は毘沙門天があるぐらいで、それほど賑やかではありませんでした。学生時代に、昔の話ですが、神楽坂の中心にあった老舗の和菓子屋でアルバイトをしました。近くの料亭に和菓子を届けるのが仕事でした。その頃は一歩裏に入ると、玉砂利の細い路地が続き、料亭につながっていました。今でも一部は残っていると思います。玄関ではなく、裏口に回って仲居さんや女将さんに和菓子を渡すまでが仕事でした。芸者さんに会うのを楽しみにしていましたが、残念ながら一度も会いませんでした。その和菓子も今はありません。バブルの時に、お店を売却したそうです。
そのあとには、和菓子屋ではないお店になってしまいました。様変わりした町ですが、私が子どもの時と変わらない所があります。元自宅の牛込から神楽坂まで行く途中にある赤城神社です。
そこの幼稚園に通ったのが昨日の事のように思い出します。お祭りも盛んで、神社の境内には数々の出店が出ていて、今も変わらない雰囲気が残っていると聞いています。赤木神社の境内を抜けて、裏側に急な石段があり、子どもの頃よく遊んだのも覚えています。本当に懐かしい思い出です。
この文章を書いていてほろ苦い気分になりました。もう簡単には戻ることはできないんだと。

近頃良く聞く国内旅行は、ここのホームページでチェック

Copyright (C)2014国内旅行大全集.All rights reserved.